画数を考える3つのポイントって?

名前がすべてじゃないとは思いつつも、気になってしまうのが画数。そこで赤ちゃんの命名は、すべての幸せのもととなり、損ねては金銭的・家庭的に困る種となってしまう「健康運」・温かい愛情と健康な生活のもとにあり、心を豊かに育ててくれる「家庭運」・金銭、地位、名誉など生きてくうえであれば幸せになる「社会運」に恵まれたバランスのいい画数にすることをおすすめします。この3つを満たす画数にするためには画数を「吉数」にするのがポイントです。

命名のタブーってあるの・・・?

無限にある漢字ですが、考える際には画数に気を付けることをお勧めします。画数には「大吉数」「吉数(半吉数)」「凶数」というものがあります。半吉数は、配置など条件によっては吉数に変化します。また、適切な場所に適切な画数を置くことそれぞれ良さが引き出され、もちろん凶数であっても、利点が隠されています。また、「光」「順」「照」「勝」「和」は、タブーではないですが、男女ともによくない漢字として挙げられています。しかし、これも配置による問題なので、配置をしっかり考えることで改善されるでしょう!

じゃあどうやって名付けたらいい?

まず、先に良い画数配置を調べてから、望み通りの呼び名の漢字を探すのが効率のいい方法です。五格と言って、天格・人格・地格・外格・総格や家庭運などの画数を考慮してみましょう。先に呼び名を考えると、どこかに凶数が出てしまうことがあります。そして次に、漢字の画数をチェックします。画数を間違いやすい漢字もあるので注意してください。また、吉数の関係など気になることがあれば専門の業者に問い合わせてみるのも良いでしょう。

命名とは、親が子供の名前を決めることです。親から子供への一番最初の贈り物と言えます。一般的には、生後14日以内に決定します。